松戸市と松戸コンテンツ事業者連絡協議会がスマートフォン向け無料ゲームアプリをリリース・配信開始

「松戸市」と「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」は、5月31日に2つのスマートフォン向けゲームアプリをリリース、配信を開始したと発表しました。

ひとつは、スマホで簡単にオリジナルのゲーム制作を体験できる新感覚のユーザー参加型ゲーム「ビットゲームメーカー」。もうひとつは、今年2月に前編を公開した「秋葉原まで13時間~姫はゲームを作りたいっ!」の完全版で、松戸の高校に留学生としてやって来たお姫様がゲームを作っていくノベルゲームです。

コンテンツ産業関係者やクリエイターを志す人たちを支援する「松戸市」と、松戸市内のコンテンツ事業者による「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」は、ものづくりの楽しさを伝えようとゲームの開発を開始、5月31日にスマートフォン向けの無料のゲームアプリ2作品をリリース・配信を開始しました。

ビットゲームメーカーバナー画像
ビットゲームメーカーのプレイ中画像

1つめの作品は、新感覚ゲーム制作型スマホアプリ「ビットゲームメーカー」です。

スマートフォンを使って手軽にオリジナルのゲームを制作し、ユーザー同士でシェアできる、ユーザー参加型のクリエイティブなゲームで、昨年の9月に開催された東京ゲームショウにも出展しました。

プログラムなどの専門知識がなくてもゲームを制作でき、豊富に用意されたゲーム素材を使って、自分だけの「冒険」の世界を表現することが可能です。

さらに、作ったゲームは、他のユーザーと共有して遊ぶことができる他、他のユーザーが投稿したゲームを探して遊ぶこともできます。

秋葉原まで13時間バナー画像
秋葉原まで13時間プレイ中画像

もう1つの作品は、今年2月に前編を公開した「秋葉原まで13時間~姫はゲームを作りたいっ!」の完全版です。

画面の絵と文字を読み進めながら会話を進めていくノベルゲームで、昨年末のコミックマーケットにも出展しました。

松戸の高校に留学生としてやって来た小国のお姫様が、同じ趣味の高校の友人との出会いから『ゲーム制作』という未知の世界に足を踏み入れる物語です。

素人が集まって始まったこのプロジェクト、果たしてどうなる――!? 努力・苦労・失敗・挫折、そして完成。創作活動の喜怒哀楽を詰め込んだ作品が始まります。

新感覚ゲーム制作型スマホアプリ「ビットゲームメーカー」

  1. 配信日  2017年5月31日(水)
  2. 対応OS   iOS/ Andoroid
  3. 価格   無料(一部課金あり)
  4. 開発元  株式会社ディッジ
  5. ダウンロードページ

ビットゲームメーカーをAppStoreでダウンロード ビットゲームメーカーをGooglePlayで手に入れよう

スマホアプリ「秋葉原まで13時間~姫はゲームを作りたいっ!~完全版」

  1. 配信日  2017年5月31日(水)
  2. 対応OS  iOS/ Andoroid
  3. 価格   無料
  4. 開発元  株式会社キッチンガイズファクトリー
  5. ダウンロードページ

秋葉原まで13時間をAppStoreでダウンロード 秋葉原まで13時間をGooglePlayで手に入れよう

松戸コンテンツ事業者連絡協議会とは

松戸市がコンテンツ産業関係者やクリエイターを志す人たちを支援するため、2016年3月に松戸市内のコンテンツ事業者を中心にコンテンツ産業の振興を目的に設立されたネットワーク組織です。現在、ゲーム制作関連会社等の25加入者(法人・個人)が参画しています。

今回の試みは、ゲームコンテンツを創作することにより、市内コンテンツ事業者の連携を強化し、コンテンツ産業関係者に対して松戸の技術力等を発信することで、本取り組みに対する興味関心を喚起することを狙っています。

【本件に関するお問い合わせ先】

松戸市 経済振興部 文化観光国際課

所在地:松戸市根本387-5

TEL:047-366-7327 FAX:047-711-6387

新着記事

カテゴリ

アーカイブ