松戸市のコンテンツ産業振興事業を担う「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」(以下、協議会)では、今年度の目玉施策として、制作したゲームコンテンツ「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~ 前編」をリリースしました。

秋葉原まで13時間プレスリリース用タイトル画像

「創作活動の楽しさを伝える」をコンセプトに、クリエイターなら誰もが感じたことがある「問い」、そしてその「答え」を、キャラクターとプレイヤーが一緒に探し、それぞれの答えを見つけていきます。見つけた答えが各々の現実の人生を前に進める力になるようなことを、ゲームを通して体験する物語です。

ぜひ、お楽しみください!(後編については、後日公開します。)

Google Play で手に入れよう

協議会では今後も、ゲームコンテンツを通じてコンテンツ産業関係者やファンに対して、ゲームコンテンツとともに、この取り組みを広く発信していきます。また、松戸の技術力を発信することで、コンテンツ産業関係者に、この取り組みへの興味や関心を喚起したいと考えています。

1 ゲームの概要

クリエイターを応援する自治体・松戸市がお届けする、夢を追う少女たちの物語!

外国からの留学生はお姫様&オタクだった……!

『留学期間内にゲームを作りたい』という彼女の願いを叶えるべく、素人4人が初めてのゲーム制作に挑む!

様々なトラブルを乗り越えた末にたどり着く彼女たちの未来とは……!?

松戸市のクリエイターを応援する団体『松戸コンテンツ事業者連絡協議会』が提供するゲーム『秋葉原まで13時間』は、画面をタップしてテキストを読み進めていくタイプのアドベンチャーゲームです。

難しい要素はなく、誰でも簡単にお楽しみいただけます。

2 ゲーム画面

3 公式サイト

あらすじ、キャラクター紹介は公式サイトをご覧ください

スマートフォン向け無料ノベルゲーム「秋葉原まで13時間 ~姫はゲームを作りたいっ!~」

4 問い合わせ先

松戸市 経済振興部 文化観光国際課

千葉県松戸市小根本7番地の8 京葉ガスF松戸第2ビル4階

TEL:047-366-7327 FAX:047-711-6387

新着記事

カテゴリ

アーカイブ